こんにちは、
先日 ポータブル体温計で検査された時に
何度やっても僕だけエラーになるという現象に見舞われ
挙句の果てに 電子体温計(ワキ)で計測させられ34.9度をたたき出してしまった僕です。

この時世なので 何かにつけて体温を測ることが習慣化されていますが
割と低めな体温の僕だけど 34度台はさすがに低すぎるので気を付けようと思います(+_+)

話は変わりますが
人生の儚さを 「かげろう」 に例えていう事があります。
それは 成虫になった かげろう の命は1日と持たないからなのです(ノД`)

しか~し!!!これは考え方によっては儚いとはちょっと違うのです(´-ω-`)
※※成虫になったかげろうの命は1日もない数時間なのです※※
川の中で幼虫の時代を2~3年過ごし
幼虫から亜成虫へ不完全変態を行うのです(‘ω’)
幼虫⇒亜成虫⇒成虫へと半変態を繰り返す昆虫なのです(‘ω’)
完全変態するテントウムシやモンシロチョウとは異なる変態を….
まぁ 変態の話は置いといて…

今日 お昼を成建左官スタッフと食べに行ったときにガラスにへばりつくかげろうを発見( ゚Д゚)
なんかちょっとかわいい…
(僕は かげろうの存在を今日まで知りません。 本日初めて遭遇しました)

新種発見とばかりに はしゃぐ僕ですが
普通に「かげろうだよ 知らないの?」と突っ込まれました。このかげろう 脱皮したばかりのようで
近くに抜け殻が( ゚Д゚)
セミもそうですが 昆虫って神がかりな皮の脱ぎ方をしますよね( ゚Д゚)

今日 初めてかげろうと出会い
ブログのためにかげろうの事を調べ(wiki)
不完全変態という ちょっと面白いワードを知りえた僕ですが
このかげろうって
成虫に変態したときに
口が退化してなくなるんですって( ゚Д゚)

いや もう脱皮するときに口がポロっと取れるのか
この脱皮するときに口がふさがってしまうのか…謎です(?_?)